PICKUP

「働き方改革の実態」調査及び Women Will で得た知見を元に、働き方改革サポートコンテンツの提供を開始しました

2016 年に 31 社、のべ 2,000 名以上に及ぶパートナー企業の皆様にご参加頂いた Women Will の実証研究「未来の働き方トライアル」では、「Work Anywhere」「Work Simply」「Work Shorter」という 3 つのテーマに取り組み、テクノロジーを活用した柔軟で効率の良い働き方は、様々な立場の社員にとって効果があることがわかりました。

また、Google が 2017 年 2 月に行った「働き方改革の現状」についての調査では、81.4 %の人が「働き方改革は世間で言われているほど、推進されていない」と回答しており、「働き方改革は一定の効果をあげている」と回答した人はわずか 25.2 %にとどまることなどがわかっています。

そこで、Google では本日より、働き方改革をサポートするためのトレーニングコンテンツの提供を開始します。

詳細を見る

未来の働き方トライアル

WORK とテクノロジー調査:「未来の働き方トライアル」第三回 Work Shorter 決めた時間に帰るトライアルの成果と知見を公開しました

2016年 12月 12日

未来の働き方トライアル第三回「Work Shorter (決めた時間に帰る)」には全 28 社が参加。カレンダーを活用して決めた時間に帰る取り組みに同時にトライし、その成果と知見を共有しました。

4

朝日新聞社主催「働く」と「子育て」のこれからを考えるイベント WORKO にて Women Will の活動と Google パパママ社員のテクノロジー活用事例を紹介

2016年 11月6日

朝日新聞社主催、内閣府後援のプロジェクト「WORKO」のイベントで、Women Will は 「これで効率UP!Googleで働く現役パパ・ママたちが指南 Work&Life with Tech」と題したセッションを展開。Google のパパママ社員から、仕事 / プライベートそれぞれのシーンでの日々のテクノロジー活用事例を公開しました。

「未来の働き方トライアル」第一回で見出した、全ての社員がスムーズに在宅勤務を行うための実践的なヒントを公開しました

2016年6月 14日

2015 年、より柔軟で効率の良い働き方を実現するための課題の把握や実践に取り組む「未来への働き方コンソーシアム」を主催してきた Women Will は 2016 年、さらに実践の輪を広げるべく、より多くのパートナーのみなさまと「未来の働き方トライアル」を開始し、1 年間に渡って「Work Anywhere (在宅勤務)」「Work Simply (会議効率化)​」「Work Shorter (定時に帰る)」の 3 つのテーマに取り組みます。まずはトライアルの第 1 回目として 10 社がテクノロジーを活用した在宅勤務に同時にトライし、課題・効果・知見についての共有を行いました。そこから得た実践的なヒントをご紹介します。レポートムービーはこちら

【告知】6 月 14 日、 Google の基幹イベント「Google Atmosphere Tokyo 2016」にて「未来の働き方トライアル」のセッションを開催

2016年5月 17日

2

六本木ヒルズで開催される働き方をテーマにした Google の基幹イベント「Google Atmosphere Tokyo 2016」の 6 月 14 日【セッション1】にて、 Women Will のセッションを行います。「未来の働き方トライアル」より見出した、育児中の女性に限らず全ての社員がスムーズに在宅勤務を行うための実践的なヒントについてご紹介する予定です。
イベントおよびセッションは事前登録制(無料)で、こちらからどなたでも参加申し込み可能です。皆さまのご参加をお待ちしております。

企業の働き方を変える「未来の働き方トライアル」を開始

2016年3月 14日

2

この春復職する女性を応援する #HappyBackToWork WEEKS の開催にあわせ、企業の働き方を変えるための「未来の働き方トライアル」もあわせて開始します。 昨年行った「未来の働き方コンソーシアム」に引き続き、今年はトライアルに参加するパートナー企業数を広げ、柔軟に効率良く働くため「働き方改革アクション」を実施し、その前後のアンケート調査により効果を計測します。

「未来の働き方プレイブック」を発表、「未来への働き方コンソーシアム」による働き方改革のヒントを公開します

2015年6月 18日

昨年 10 月に Googleは、テクノロジーを活用した柔軟な働き方で女性の社会進出を支援するプロジェクト Women Will を立ち上げ、その一環として、パートナー企業と柔軟性のある新しい働き方のための課題の把握や実践に取り組む「未来への働き方コンソーシアム」を主催しています。

コンソーシアムでは、パートナーである広島県庁、KDDI株式会社、日産自動車株式会社の協力のもと、それぞれの課題である「長時間労働の削減」「女性管理職比率の向上」「在宅勤務の利用促進」を解決すべく、各組織の中でモデル部署を設定し、6ヶ月に渡って働き方改革に挑戦しました。

各社の課題に向き合いその解決策に取り組むなかで、「テクノロジー」「制度」「文化」の 3 つを組み合わせることで、働く人の意識を変え、柔軟で効率の良い働き方を実現し、組織全体の生産性を上げることができるという知見が得られました。この “未来への働き方” コンソーシアムを通じて、 各社の働き方を実際に変えることに成功したポイントを紹介します。

top