課題

代わりがいないから、帰れない!?

「後輩の彼女はまだわからないことが多くて質問も多いし、残して先に帰るなんてできないな。得意先から連絡がきて、わかる人がいませんなんてことがあっては失礼だし…。とても早く帰れる気がしない…。」

解決方法

具体的なスケジュールと資料の共有を徹底

全員が知っておくべきプロジェクトの概要や取引先との進捗資料などは共有サーバーに保存し、チームみんなが閲覧できるようにしておけば、誰もが仕事内容がわかるようになり効率的です。

また共有スケジューラーに入力する際は、チーム全員に自身の仕事の進捗を理解してもらう気持ちで、できるだけ具体的に書き込みましょう。

データ
chart

カレンダーを利用して決めた時間に帰る「退社時間計画」の取り組みを行った人からは、「スケジューラーの使用は、業務内容の把握や会議招集などに役に立った。」などの声が挙がっています。詳しくは「働き方改革推進ガイド」 Work Shoter の章をご覧ください。詳しくは「働き方改革 推進ガイド(PDF)」の 58 ページを御覧ください。

詳しいデータはこちら

実践アドバイス

統一の入力ルールを決めて進捗を把握しやすく

スケジューラーに入力する際、確定した予定は【FIX】、動かせる仮予定は【仮】、業務開始・終了時間は【始】【終】などで入力するなどルール化し、みんながすぐに区別できるようにするとよいでしょう。

{[getNextLessonTitle('work-shorter', 'wsh1')]} へ
このレッスンを評価する >
このレッスンを評価する
ありがとうございます!