課題

在宅勤務をすると作業にロスが発生する?

「今日はチーム全員で提案書を作成したいけれど、メンバーの 1 人が在宅勤務中だから、みんなで同時に作業できないな。タイムロスだけれどメールに添付して回覧しようかしら。やっぱり在宅勤務の社員がいると、生産性が落ちるかなぁ…。」

解決方法

IT ツールを駆使して効率的に

同じドキュメントを同時に開き、複数人での同時編集がリアルタイムで可能になる共同編集機能のある IT ツールを導入するとよいでしょう。作成中の提案書をクラウドにアップしておけば、在宅勤務中のメンバーも社内のメンバーと同時に編集することが可能です。

こうした IT ツールを積極的に使うことで、在宅勤務中のメンバーがいても生産性の低下はありません。

データ
chart

テクノロジーを活用して在宅勤務を実施した人からは、「集中して資料を作成する業務とコミュニケーションを取りながら進める業務をうまく組み合わせられれば、アウトプットを最大化できると思った。」などの声が挙がっています。詳細は 「働き方改革 推進ガイド(PDF)」の 26 ページを御覧ください。

詳しいデータはこちら

実践アドバイス

コメント機能を使ってさらに効率アップ

共同編集のコメント機能を活用すれば、気になったポイントや確認してほしいポイントなど、付帯的に相手を指定してコメントを残すことができるので、さらに効率的に仕事ができます。

後で確認したいポイントなどを忘れないようにするためにも効果的です。

{[getNextLessonTitle('work-anywhere', 'wa5')]} へ
このレッスンを評価する >
このレッスンを評価する
ありがとうございます!