課題

必要な機密資料が持ち帰れない…

「在宅勤務にあたり資料を持ち帰りたいとメンバーに言われたけれど、出力したものがいいのかしら、USB がいいのかしら…。そもそも私たちが扱っている資料は機密書類だから、持ち帰ることはできないはずだけれど…。何かいい方法はないかな。」

解決方法

資料は共有サーバーに保存を

セキュリティーが備わった外部からアクセス可能な共有サーバーがあれば、そこに資料を保存しておけば、情報漏えいのリスクを抑えながら在宅で業務を行うことができます。「欲しいデータが手元にないから作業ができない」といった事態も避けられます。

管理職の皆さんは、自社のセキュリティー規定やサーバーの設定を把握しておきましょう。

データ
chart

テクノロジーを活用して在宅勤務を実施した人においては、事前事後で「情報漏えいの可能性がある」という不安が 20.6 %から 4.3 %に減りました。詳しくは、「未来の働き方トライアル 2016 #01 Work Anywhere 在宅勤務トライアル 事前・事後アンケート結果(PDF)」を御覧ください。

詳しいデータはこちら

実践アドバイス

環境に合わせてセキュリティーを設定

共有サーバーに資料を保存する際、セキュリティー設定を個別に変えることができます。内容に合わせて逐次設定内容を確認しましょう。

また、共有サーバーで保存した資料は、チーム内の誰が見てもわかるよう、ファイル名やフォルダ名の付け方などをあらかじめ決めた上で、ルール化するとよいでしょう。

{[getNextLessonTitle('work-anywhere', 'wa3')]} へ
このレッスンを評価する >
このレッスンを評価する
ありがとうございます!