課題

会議が多い私は在宅勤務不向き?

「在宅勤務の予定日に会議が重なったらどうすればいいんだろう。日程の変更をお願いするのは気が引けるし、後日内容を共有してもらうのも迷惑をかけることになるし…。マネージャーはテレビ会議を推進しているけれども、プライベートな部屋を見られたくないんだよな…。」

解決方法

テレビ会議ツールで誰でも会議に参加

テレビ会議のツールを使えば、会議日程を変えてもらうわずらわしさも後で共有してもらう手間もかからないので、会議の多いメンバーの人でも在宅勤務を取得できます。管理職の方は、画面や音声のオンオフができる機能などの活用を推進し、部屋を見られたくない社員も在宅勤務を諦める必要はないことを周知するとよいでしょう。

データ
chart

テクノロジーを活用して在宅勤務を実施した人においては、実施前後で「在宅でできる仕事・適した仕事がない」という不安が 26.5 % から 18.8 % に減りました。詳しくは「働き方改革 推進ガイド(PDF)」の 23 ページを御覧ください。

詳しいデータはこちら

実践アドバイス

顔を合わせてやるのだけが会議じゃない

テレビ会議は在宅勤務に限らず、例えば「会議室が空いていない」「移動に時間がかかる」といったときも有効。

テレビ会議を行ったことがないチームの管理職の皆さんは、こういった状況でのトライを促し、全員がテレビ会議に慣れていくようにしましょう。こうして「顔を合わせてやるのだけが会議じゃない」という風土を醸成することで、在宅勤務が特別でなくなり後ろめたさもなくなり、全員の業務効率化に繋がります。

{[getNextLessonTitle('work-anywhere', 'wa1')]} へ
このレッスンを評価する >
このレッスンを評価する
ありがとうございます!